走るBigSmile

鈍足ランナーの走ったり登ったりするブログです

第30回いびがわマラソン~戦いの前。
からの続きです。

9時45分いびがわマラソン、スタート。
Eブロックはスタートラインまで2分ちょっとでした。

見て見て。
ゲストランナーの中村優ちゃんと、毎年応援に来てくれる西田ひかるさん。
かわいい人たちがかわいく撮れたので載せとくね♥

並んでいるときは金さんの声も聞こえたんだけどな。
金さん、今回はフルを走るということでもうスタートされたのかもしれません。

しばらく故障仲間のゆうきさんと様子見のラン。
ちびっこたちの元気なハイタッチに少し緊張がほぐれます。

8キロ地点の揖斐峡大橋を渡るまではハーフと同じコースです。
つまりここを7回走っているんですね(ちなみに帰りも同じところを走ります)
しかしいつになく長く感じました。

今回、関門との戦いになるだろうと、時間を書いたものを腕に巻いて走りました。
関門と、キロ7で行ったときの時間(目標)と、鏑木さん語録。
fc2blog_201711162201400b5.jpg
そして高山のさるぼぼちゃん。
「飛騨高山を走ったんだぞ」ということは私の自信になっています。
(時間内に完走してないけどね)
あとは川越の足腰神社のお守り。
すがれるものにはなんでもすがる。
fc2blog_2017111622090746c.jpg
どうせ足が痛くなるんだからと、予定より少し速めの6分半ペースで進みます。
金さんが
タイムの貯金はカラダの借金
っていつも言っているのに。
そしてさほど貯金もできないまま
5~6キロ行ったところでゆうきさんと別れました。

なぜなら…もう、足が痛く…。

痛いというより足の裏が攣る寸前みたいな感じ。
いったん止まって軽くストレッチ。

止まったついでに「ニューリバース」の皆さんを撮ってみた。
毎年ここで応援してくれるバンドの皆さん。
演奏されている曲は、主に「負けないで」です。
(しかしこの時は「走れコータロー」でしたw)

足の裏は攣りそうだけど、攣らない。
まだ全然行ける。
取りあえず第1関門を目指そう。

このあたりでは毎年おかあさんと応援してくれていた「たろう」というワンちゃんが居ました。
去年のいびがわマラソンのすぐあと、亡くなってしまったんだそうです。
(写真は応援に来ていたてりいさんからいただきました。
じっくり見られなかったので改めてみて涙)





このあたりはずっとこんな暖かい、地元の人たちの応援を受けて走れます。
ちびっこからご年配の方からわんこまで。
本当に暖かい応援にいつもジーンとしてしまうのです。

ご自宅のガレージで柿やミカンをふるまってくれる方もいらっしゃいました。
まえにも多分同じ場所で柿をいただきました。
岐阜と言えば柿、富有柿ですよね。
あれも富有柿だったのかな。
本当に美味しくて、なんというかぶるっと鳥肌が立つほど美味しかったです。
柿うめぇーーー!!!
と心で叫んでいると、揖斐峡大橋に差し掛かりました。

ここでフルとハーフが分かれます。
橋を渡ったところが8.4Km第1関門です。

目標にしていた10:45を2分オーバーで通過。
(あっという間に借金生活に突入だよ…)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する