走るBigSmile

鈍足ランナーの走ったり登ったりするブログです

富士登山2017~最後の激のぼり 山頂へ
からの続きです。

下山道は砂の道なのでほこりがまったり、足が滑りがちですが
ひたすらうねうねと下っていくだけです。
時々キャタピラカーが行ったり来たりします。

山頂でも見かけたこの虫。
黄色が好きなのか、黄色のリュックのCさんにたくさん付きまとってました。
ハナアブという虫のようです。

道は単調だけど、雲海の上を歩くのを見るのは楽しい。



6合目に差し掛かる頃には景色が変わり、木や植物が増えてきます。
ゴールは間近です。

しかしやはりYさんの具合が悪い。
山頂で食べたお弁当がムカムカの元のよう。
(胃が強いチームの私たちはそのあとさらにおやつも食べまくっていたのに)

するとMさん
「荷物持つよ!もうすぐゴールだし」
とさくっと2つのリュックを抱えてスタスタ~と。
強くやさしいMさん、ほれてまうやろ~!!!

そんなこともあって無事みんなで帰ってくることができました。
14:23 ゴールです。

そして最高の一杯を(*´∀`人 ♪

このビールのうまさは何物にも代えがたい。
すべてを美しい思い出にかえる不思議な一杯。
(走ったり登ったりすればありつけるよ!)

帰りは新宿まで行くバスが最終まで満席だったため
河口湖までバスで出て、電車で帰ってきました。
電車もいいよね~(値段が倍くらいになっちゃうんですが)

来年は剣ヶ峰まで行けるかな?
ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。
長々とこの記事におつきあいいただいた方もありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。
いつもありがとうございます+゚。*(*´∀`*)*。゚+
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
おまけ。
このポーズを決めてくれている少年。
ご来光写真を撮ってくれたイケメンパパと二人で登山していました。

山頂でも下山してからも会ったんですが
「剣ヶ峰まで行ったよ」とのこと。
(天気も悪くならなかったとか。出発のタイミングでだいぶ違ったのかな)

それよりこの少年
4歳ですってよ、よんさい!!!
自分の背丈くらいの岩場もあったはずなのにすごい。
(本人はケロリと余裕の表情でしたが対照的にお父さんはヘロヘロでした)

高尾山12回登ったりして練習をしたんだって。
この小さなかわいい山男、将来すごいトレイルランナーになったりしないかなぁ。
スポンサーサイト
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ
ああ。
先週の今頃は富士山の8合目で寝ていたんだわ(しみじみ)
まだ富士山ロス中です。

富士登山2017~高山病の強い味方を従えてご来光を待つ赤い○○
からの続きです。

一時は10メートル歩くのもつらいと下山も検討するほどだったYさん。
しかし!
少し回復したと山頂を目指すことに。
たしかにさっきよりは顔色も良いし笑顔も出てきた。
(やはり高山病というよりは胃の調子の悪さなのかな?)

とにかくよかった。
行こう、みんなで山頂を目指せる。

河口湖もみえました。
よく見ると河口湖大橋もみえます。

8合目までの道と違い岩場は減りますが(でも岩場あるよ)
標高のせいかどうやってもきつい。

小さな小さな高山植物が励ましてくれます。

雪が残ってました。

またあっという間にガスに覆われてしまったのですが
9合目の鳥居が見えてきました。
(この時は気が付かなかったけど、さらにその奥に山頂前の鳥居も見えてます)

コースは最後の最後にまた岩を上るようなところが出てきます。
もう呼吸がつらい。

それでも間もなく山頂だと心は弾みます。
ガスもあっという間に晴れました。
晴れ女が向かっているわよ~(すぐ調子に乗る)
ほらもう最後の鳥居!

4人で手をつないで鳥居をくぐりました。

やった!
今年も無事山頂へみんなでたどり着くことができました。

何度登ってもこの時の喜び、達成感は感動的です。

私は念願の御朱印もいただくことができました。
(御朱印はまた追ってご紹介します)
朝食を食べたり写真を撮ってから
お鉢めぐりをしようと準備をしていると…

この後↑またガスがかかったりパラパラ雨が落ちてきはじめました。

今回は本当にこの繰り返し。
リュックのカバーつけたり取ったりゴアテックスを着たり脱いだり
山の天気の変わりやすさに翻弄されることが多かったなぁ。
(そんな天気でもご来光や登頂の際にはスカッと晴れてくれたことを思うと
運が良かったと思わざるを得ません。
みんなもってるなぁ♥)

天気が微妙なのでお鉢はやめようか。
そうなったら長居は無用。
下山だ。

日よけとほこり避けの下山ファッション。
(結局ガスってて装備はすぐ外したため
いつの間にか冒険家のような日焼けをしていました)

真っ白な世界に突入~。

ここまでの時間経過は大体こんな感じです。

4:17 蓬莱館出発
4:55 ご来光
5:56 元祖室
6:49 トモエ館
7:13 ご来光館
8:33 登頂
9:42 下山開始
(撮影した写真を参考に出している時間です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
そうそう、今日はようやく久しぶりに走りましたよ。
(女性ランナーカテゴリ-に登録していることを思い出した)
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ
いろいろ盛り込みたくてやたら長いタイトルをつけてしまった。

富士登山2017~8合目、そして山小屋到着
からの続きです。

3時半アラームで起床。
みんなバイブ設定失敗して一斉にアラームが鳴る事態に(笑)
(周りにはまだ寝ている人もいるのです)
来年までに設定を確認しておかなくては。

毎年山小屋で仮眠後から高山病を発症していたけれど
今年はいつになく眠れたし、軽く気持ちは悪いけれど大丈夫そうです。
そう、今年の私はちょっと違うの。

秘密兵器、
ダイアモックスを飲んでいるのです!

高山病に効くと言われているお薬なんですねぇ。
参考→日本登山医学会 ダイアモックスとは

(この薬は高山病に対しての処方は保険適応外、自費です。
インターネットで調べると自費で出してくれるクリニックなど結構ありますので
興味のある方は調べてみてください。)

トイレが近くなったり、指先がちりちりしびれる感じの副作用はありますが
私にはよく効きました。
目覚め、軽く気持ちが悪かったのは量が少なかったのかもしれません。
(半錠ずつ飲んでいたので)
寝起きすぐ一錠口に放り込みました。

支度をして4時過ぎに山小屋を出発。
山小屋の人は今日のご来光は五分五分みたいなことを言っていたけど
見られそうじゃない?
雲が多いかな?

少し進んで、適当なところで止まってご来光を待ちます。
上下ゴアテックスを着こんでいますが、さほど寒くありませんでした。
fc2blog_20170809210751bfc.jpg
じわじわと明るくなって…

雲の間から

ご来光~!!!
朝日に照らされて赤い富士山。

近くにいた親子登山のイケメンパパさんに写真を撮ってもらいました。
(この親子についてはまた後ほど)

前日のガスガス登山のことを思うとご来光が見られたことは奇跡のよう。
そして山頂まで残すところあと2.2キロとなりました。
(しかしここから先が本当にきつくて苦しい)

振り返ると朝の光に照らされた雲海が、街が
とても素晴らしいんです。
夜間の登山をしていた時には見たことがなかった景色です。

昨日は見られなかった山中湖の姿も。

じっくりじっくり登ります。

実はYさん。
ずっと具合が悪く、高山病なのか
もともと胃が弱いとのことで、そのせいなのかとてもつらそう。

本8合目まで行くと、下山道へエスケープできる箇所がいくつかあります。
とりあえずそこまで行って様子を見よう、そんな相談をするほどの状況でした。

私もやっぱり軽く高山病の症状なのか止まって休んでいてもこの脈拍。
ドキドキがとまらなーい。


ところで私。
登山が趣味の夫のゴアテックスやリュックを借りてきたわけですが…

なんかさ…この姿まるで

シャア専用ザク。


さあいよいよ間もなく山頂。
Yさんの体調は?!
お鉢はできるのか?!
乞うご期待。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
来年は自分のゴアテックスを買えるよう500円玉貯金をするね。
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ
富士登山2017~出発から7合目まで ロックだぜ
からの続きです。

いよいよ8合目。
17:21 太子館に到着。

休んでいるとみるみる空が明るくなってきました。
fc2blog_2017080820115229e.jpg
次の山小屋がこの日お世話になる蓬莱館なのですが
空腹に耐えられずギョニソタイム。
富士山で買うと高いから持ってきたわよ。
塩気とボリュームがちょうどいいです。
fc2blog_201708082035553c2.jpg
(写真でもお分かりでしょうがまたあっという間にガスってしまいました。
今回の登山では山の天気の変わりやすさを特に実感しました)

ここからまた厳しい岩場をガシガシ登って
18:08 蓬莱館へ到着です。
fc2blog_20170808203904ad9.jpg
お疲れ様~。

山小屋についたら過ごし方の説明を聞いて
軽く荷物の整理をしたり着替えと起きてから着る物を準備します。
(更衣室などはないので寝床でこそこそやるか
トイレで着替えることになります)
今年の寝床は下段でした。
既出のイメージ画像をどうぞ(笑)
fc2blog_201707292008214f2.jpg
(この絵、自分で割とうまくかけたと思ってるw)

さてここで着替えと翌朝の装備について。
----------------------------------
山小屋~出発まで
ユニクロのブラトップキャミ(この先締め付けは不要と考えて)
ロングのアンダーシャツ
高山の参加Tシャツ(超お気に入り)
タイツ(昔スキーの時に使っていたもの)
ハーフパンツ
(寝袋で寝るので厚着はしません)

出発~下山まで
ハーフパンツは脱いで最初履いていたトレッキングパンツ
厚手の靴下(山用)
ゴアテックス上下
ヘッドライト
石や砂除けのゲイター(下山前に装着)
バフ(ネックウォーマー兼下山時のマスク)
サングラス
----------------------------------
さあお楽しみの夕食だよ!

夕食時に翌日の朝食も受け取ります。

写真には写ってませんがミネラルウォーターも1本いただきました。
(貴重なお水です)
夕食も朝食も去年と全く同じです。
それでいいんです、どれも美味しんですよ。
(私は特にパンがお気に入り)

混雑と高山病の心配を考え、昨年同様夜間出発はせず、
8合目でご来光を見てから山頂を目指す計画です。

ご来光、拝めるかな…。


毎年山小屋で全然眠れずその後高山病を発症する私。
今年は無事休むことができ、高山病を逃れることができるのでしょうか!?
実は今回、高山病対策の秘密兵器を用意したんだよ。
ふふふ…。

次へ続く。

ランキングに参加しています。
ポチッとおひとつお願いいたします( ̄^ ̄)ゞ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ
富士登山2017~準備から出発まで
からの続きです。
吉田口登山道に入ります。
fc2blog_20170806130125cd2.jpg
ここから山頂まで6キロですって…。
fc2blog_2017080613015055e.jpg
ロードを走っている感覚で6キロをとらえるとあっという間ですが
385分かかるって看板は言ってますよ…。
6合目までは火山灰の道やこんな感じの石畳っぽい道など
緩く登ったり下ったりが続きます。
fc2blog_20170806130217e09.jpg
13:23 6合目安全指導センター。
ここまではハイキング気分で軽装の人もちらほら見受けられます。
ここまでは。
この先から本格的な登山開始です。
ヘルメット着用を勧められました(貸出アリ3000円、返却時返金)
落石の危険があるので本当は着用したほうが良いのでしょう。

この先は富士山の混雑具合とロックな感じをお伝えしたいと思います。
ロックなんですよ、本当に。

こんな火山灰のところもありますがこの先どんどん岩だらけです。
本当にここを走る人がいるんでしょうか…。
信じられない…。

ツアーの団体さんと一緒になるとこんな↓感じ。
でもガイドさんの話が聞けたりするし、ハイペースになるのを防げたりするので
だまってついていくのも手だと思います。
(ハイペースは高山病のもと)

ゆっくり、じっくり、落石注意で進みます。
人が落ちてくる場合もあるので(そんな話をしてるご婦人がいた)
少し間隔をとったほうが良いですね。

7合目最初の山小屋、花小屋。
14:31到着です。

ここから山小屋は短い間隔で続きます。

たまにはこんなに人が集中してしまうこともあります。
シーズンなので仕方ないとあきらめるしかないでしょう。

この辺はずっと岩です。
一歩一歩足の置き場を考えて、時には手も使います。
ロックだぜ。

ひたすら人と岩です。

森林限界は超えて木は生えていませんが、
こんな可憐な高山植物の姿を見ることができます。

たくましく美しい。
私たちのよう…!!
(誰も言ってくれないから自分で)

ここまでの時間経過です。
(到着時各所で写真を撮影したので到着時間です)
12:30 登山開始
13:23 6合目安全指導センター
14:31 花小屋
15:05 日の出館
15:12 七合目トモエ館
15:32 鎌岩館
15:45 富士一館
16:07 鳥居荘
16:32 東洋館

こうして並べて書くと7合目は本当に一つ一つの山小屋の近さがわかりますね。
次はいよいよ8合目に入りますよ。

ランキングに参加しています。
おひとつポチっとお願いいたします♪(o・ω・)ノ))
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ