走るBigSmile

鈍足ランナーの走ったり登ったりするブログです

ああ~明日の今頃は~♪
明日じゃないけど、来週末は富士山。
そうなの。
今年も行くの∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

昨年同様ランナー婦人会の皆さんと。
今回は参加者も増えてさらに楽しい登山になる予定です。
去年の模様
ランナー婦人富士登山に挑戦①8合目まで

富士山には何度も行っているのですが、それは世界遺産前。
去年久しぶりに登って山小屋やトイレがとても快適になっていたんですねぇ。
(前は登山のあいだ中アンモニア臭が立ち込めていた記憶)

山小屋は夕方に到着するともう休んでいる人もいて
写真なんて撮れないのでイメージを描いてみました。
(あくまでも記憶に基づくイメージを私の画力で表現したものなので
実際と異なる場合も大いにあると思います、ご了承ください…)

まず昔の山小屋の寝床。

細いお布団(湿っている)に男女混合で
さらに上下(頭と足が交互)になる形です。
右にも左にも行けない感じでほとんど寝られなかった。
荷物は天井の桟みたいなところにひっかけてぶら下げていた記憶。

過去も、去年も広い二段ベットというか広い押入れみたいな場所で
そこは変わりなしですが。

去年。
前に泊まった山小屋とは違うのですが。

交互になることはなく、モンベルの寝袋でした。
清潔に使うためでしょうが枕にビニールがかけられており
そのビニールの音が気になって寝られなかった。
それでも一人のスペースがきちんとあるだけで
身体はだいぶ休まるでしょう。
(聞いた話だと今はもう交互に寝るようなことはないらしいです)

でもね。
交互だろうが寝袋だろうが、私は寝られないんですよ。
高山病になる原因の一つですよね。
(山小屋に入る前まではいつも元気です)

今回は高山病に効くと言われている薬も手に入れましたので
去年よりもっと登山を楽しめたらいいと思っています。
あと一週間体調を整えてしっかり準備しなくちゃ~。



ランキングに参加しています。
ポチッとおひとつお願いいたします(*´ω`)┛
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
更新のムラがひどいねぇ~( ノД`)
スポンサーサイト
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ
2017年も富士山頂を目指すぞ~!

もちろん私のようなポンコツランナーは走って登ったりはしません。
(っていうかできません)
コツコツ登るよ!

こちら↓は去年の模様です。
ランナー婦人富士登山に挑戦①8合目まで
富士山ってこんなとこ、って写真も一部載せちゃうね。
fujifujin2016 018

fujifujin2016 006

去年は高山病に苦しみながらも
ご来光を拝むことができました。
今年もみんな笑顔で登頂したい。
そして今年はお鉢を御朱印ももらいたい!
高山病にもならないぞ!
(気合でどうにかなるものではないけど)

ご一緒していただくご婦人方よろしくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
今回は走ること全然書いてないけど
一緒に登る人たちみんなステキな女性ランナーです♥
ということで(?)ぽちっとおひとつお願いいたします+.(*'v`*)+
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ
昨日ちょっと話題に出た登山あとのお風呂についてです。

河口湖駅前のビジネスホテルでお風呂を貸してくれます。
温泉じゃないと思いますが駅から近くて、いいかな?
どうでしょうか。
河口湖ステーションイン
じゃらんのほうにお風呂の写真が載ってたので貼りますね。
http://www.jalan.net/yad327078/

今でも立ち寄り湯やっているのかは確認しました
昼過ぎに掃除の時間があるそうですが
お客さんの具合を見ながらのようで、時間は決まってないみたい。

立ち寄り湯620円
バスタオル貸出100円

石鹸、シャンプー等はなかった気がします。
ということで、
シャンプーリンス
石鹸
歯ブラシ
最低限の着替え(下着とTシャツだけくらいでも替えたい)
楽な履物

が荷物に追加されますねぇ(゚д゚)
でもお風呂入りた~い
ランナー夫人てタイトル、変だなと今頃気づいたので(遅)あとで直します。
走る夫人とでもしとくか。

そしてもうすぐ富士登山。
なんとなく準備。
こんな感じかな?
20160730100805052.jpeg
山小屋の予約、甘く見てました。

世界遺産になる前、5回ほど登頂してますが
毎回登山当日に河口湖の駅から予約の電話を入れてました。
以前はそれでよかったんです。

今回は、今月に入ってから電話しました
世界遺産登録後初だしと「ちょっと早めに」電話したつもりだったのに
希望していたところ(というか泊まったことが或る宿)が即答で満室。
「ああ、収容人数の多いところだからツアーで埋まっているのかも」
と思いその近くの山小屋を次々当たってみるものの
立て続けに「満室」
まずいぞ…

何件かあたって、やっと手配できたのが今回宿泊予定の蓬莱館です。
電話の感じは、感じの良い女性の声でした。
山小屋自体は小さいところのようですが、
数件見たレビューでもまあまあの評価。

山小屋に「休ませて食事させてもらう」以外の何かを期待するのは筋違いですが
できれば嫌な思いはしたくないもんね。
(中にはひどい態度のスタッフがいるという話も聞きます)

今回はお鉢までが目標なので、ご来光ラッシュで消耗せず
ここでご来光を拝んでから山頂アタックと行く予定です。

あとはちゃんと休めたらいいな。
休めるかどうか。
これってすごく大事。
眠れないかもしれなくても、横に慣れれば少しまし。
(寝返りさえうてない互い違い寝で一睡もできず、高山病という過去アリ)

高山病にはなりたくない~。

携帯酸素 O2(5L)
価格:378円(税込、送料別)




テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ